面白くない毎日

面白くない毎日

過払い金請求をすれば連帯保証人も破産を免れる

過払い金請求のことは、テレビコマーシャル等で知っていましたが、サラリーマンの自分には他人事と思っていました、あの電話が掛かってくるまでは。マイホームを建てると時に、義父に頼んで住宅ローンの連帯保証人になってもらいました。私も妻も働いており、収入が安定しており、毎月の支払は妻が出産で離職した場合でも支払える範囲に抑えていたので、負担を感じることはありませんでした。義父は自営業者で、根抵当の範囲で借入をすることがあり、私たち夫婦は以前に連帯保証人になったことがありました
根抵当のため、義父が所有する不動産の範囲で返済ができる、自分たち夫婦は形式上必要ぐらいの認識しかありませんでした。仕事が終わって帰宅すると、留守電に身に覚えのない者から、義父のことで相談したい旨のメッセージがありました。
胸騒ぎがした妻が、義父や会社に電話しても繋がらず不在、翌朝、留守電にあったとこに電話して初めて義父が支払い不能に陥っていることを知りました。
それから3週間ほどして義父の無事は確認できましたが、借金の支払いはできず、私たち夫婦に連帯して支払うよう請求してきました
義父は破産するにも弁護士費用が必要、仲裁弁護士が過払い金請求してくれたお蔭で債務を減らすことができマイホームを手放さずにすみましたが、妻は出産後も復職して借金の返済をしています。
多重債務相談52件…昨年度
青森財務事務所は、2016年度の多重債務相談の受付件数が52件だったと発表した。前年より6件減少したが、低収入や収入減から生活費を補うために借り入れし、債務が増えるケースが目立つという。相談件数は減ったものの、多重債務に悩んでいる人は多いとみられ、同 (続きを読む)